History

70年の歴史

ミッシェル・エルブラン ヒストリー
第二次世界大戦後のフランスの時計産業分野は、品質を伴わない時計を大量生産して国外に輸出していた時代でした。父親が商人のミッシェル・エルブランは、時計に強い情熱を持ち、まずはその知識を学ぶ道に進むことを決め、両親の望みであった家業を継ぐ道を断念します。
数年後、地元の時計製造企業で現場長として勤務しますが、彼が望む品質にはとうてい及ばない製品づくりを良しとする環境に納得できず退職すると同時に、伝統的なフランス製時計の評判を世に取り戻すことを固く決意します。1947年、ミッシェル・エルブランは自身の会社を設立し、厳格な管理体制のもと創造性に富んだ高品質な製品を生産し、人情に厚く市場と隣り合わせの、高い市場価値を持って常にリードする企業でありたいという強い意志を持ち、冒険へと突き進んでいきました。
1950/60年代

ミッシェル・エルブラン ヒストリー
ミッシェル・エルブランは、専門技術を駆使した高品質で高精度の時計製造のスペシャリストとして広く知られるようになります。
1965年、ミッシェル・エルブランのブランド初のロゴがつくられました。
1970/80年代

ミッシェル・エルブラン ヒストリー
1972年、ミッシェルの息子のジャン-クロードが経営に加わり、彼の審美眼と感性の高さが、全世界を市場として捉えたグローバルマーケットブランドへと飛躍的に発展させます。ミッシェル・エルブランは、とりわけクオーツ・ムーブメントを備える巧妙に設計された時計において他との差別化を図り、ジュエリーウォッチのパイオニア的存在となり、スカンジナビアンシリーズはブランド初のジュエリーウォッチの一つとなります。
ビジネスの才能を秘めたスウェーデンの青年トミー・ニルソンが新たに時計業界に参入したばかりの頃、パリで開催されたフランスの宝飾店向け展示会「Bijorhca」を訪問して初めてミッシェル・エルブランの時計と出会います。その魅力に魅せられた彼が、スウェーデンのヨーテボリに新しくオープンする時計店<Tic Tac Tommy>でミッシェル・エルブランのスカンジナビアンシリーズを販売したことがきっかけとなり、同シリーズはファッションを愛する人々の間で流行します。その評判は、ドイツ、イギリス、スイスへと広がりました。この逸話はブランドが世界的に成功する大きな転機となった出来事です。
1980年に入ると、父に継いで長男のジャン-クロードがCEOとなり、次男のピエール-ミッシェルは技術と生産部門で会社を支えました。
1987年

ミッシェル・エルブラン ヒストリー
ニューポートコレクションの誕生。航海の世界への情熱、とりわけヨット帆船は、ブランドのフラッグシップモデルの一つであるニューポートコレクションに多大なインスピレーションを与えました。スポーツシックな同コレクションは、ケースとストラップをつなぐ中央のラグが特徴的で、その型にはまらないデザインが目を引きます。メンズ、レディース、クォーツ、自動巻きと豊富な種類展開のニューポートは、現在も不動の人気を誇り、ブランドの顔となり大きな成功をおさめています。
1990年代

ミッシェル・エルブラン ヒストリー
ニューポートコレクションの生産増加に伴い、1977年から使用していた工房よりわずか100メートル離れた場所に3倍の広さを持つファクトリーを建設しました。最新設備を備えたアトリエで、生産技術とサービスを更に向上させます。
2000年代

ミッシェル・エルブラン ヒストリー
新たなチャレンジとして、高級時計ラインの製造を開始します。自動巻きムーブメント搭載、手仕上げによる装飾、ケースやブレスにスチールやゴールド素材を用いた「ニューポートJ-クラス」を発表しました。更にダイアモンドを装飾した女性向けの「ニューポートロワイヤル」もラインに加わります。
レディースコレクションのフラッグシップモデルとなる、ストラップを付け替えられるアンタレスの、のちに特許を取る独自システムの開発もこの頃から始まっています。
2006年

ミッシェル・エルブラン ヒストリー
ワンタッチでストラップを交換できるアンタレスが発表されます。4秒で交換できるそのシステムは特許を取得し、メンズコレクションのシンボルがニューポートであるように、その後アンタレスはミッシェル・エルブランのレディースコレクションのシンボルとなります。
2010年代

ミッシェル・エルブラン ヒストリー
2008年、エレガントなデザインながら、極限の環境まで耐えうる為に設計されたパワフルなニューポートトロフィーグランドスポーツラインの発売を開始します。2010年、現CEOのピエール-ミッシェルが兄であるジャン-クロードより経営を受け継ぎました。その後もニューポートコレクションは発展を続け時計愛好家を魅了しました。ブルー文字盤の3針デイト付きや、メンズおよびレディース用スケルトンバージョンを経て、縦目に配置されたクロノグラフデイト付きバージョンを発表しました。
2017年

ミッシェル・エルブラン ヒストリー
70年間の変わらぬ情熱を記念して、ミッシェル・エルブランはシリアル入り世界限定500本の記念時計を発表しました。<インスピレーション1947>と名付けられたその新しい時計は、機械式手巻きムーブメントが採用され、ブランド創業初期の代表的な時計からインスピレーションを受けてデザインされました。
また、過去へのオマージュとは対照的に、ブランド初となるコネクテッドウォッチの発表によりブランドの更なる躍進を図ります。ブランドのアイコン的モデルであるニューポートからインスパイアされたこの新しいコレクションは、伝統的な時計製法技術と最新テクノロジーを融合させ、ミッシェル・エルブランは革新的な時計ブランドとして新たな歴史の1ページを開きました。